彗星日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 〜ちきゅう〜

<<   作成日時 : 2006/06/17 11:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

画像

地球深部探査船「ちきゅう」です。
その名の通り、海底の下を約7,5キロメートルも掘り下げて地球の内部を調べています。
船首の写真ですが、とてつもなくでかい船です。

画像

船体の大きさが手前の車を比較したらおわかりいただけますか?
中央のクレーン(黄色)の奥に黒い色の鉄骨が少しだけ見えると思いますが、
これが掘削するやぐらになります。
ものすごく背が高いです…

画像

大阪湾の夕景を望む。

今回は大阪は天保山で見たのですが、実は4月に1度見ていたのを思い出しました。
それは長崎へ旅行したときに、長崎湾のクルージングで三菱重工のドック付近に
停泊していたのです。

画像

この写真がその様子。
これで全貌が確認できます。
まぁとにかく大きい探査船です。

これで地球の不思議を解明していくのでしょうね。
その意義の大きさが船の大きさなのでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
なつ猫も北海道で大きな船を見たときは…
すごく感動したものです(^^)
海から遠い地域に住んでるので…
港や船に縁がないので、見ると感動します。
なつ猫
2006/06/17 21:24
こんばんは。
これは大きな船ですね。
乗り物関係は何でも好きなので、興味をひかれました。
遠くから見ると、やぐらが大きくて、船が小さく見えます。
プーさん
2006/06/17 23:09
まいど。「ちきゅう」か〜、スケールの大きさを感じさせる名前ですね、そんな船があることを初めて知りました。写真で見るだけでも壮大さがわかるけど、生で見たら口があんぐり開いてまいそうですね…。
おぎち
2006/06/18 09:35
なつ猫さん、おはようございます。
こんな大きな船が世界中を航海していると
思うと、ちょっと感動ですね。
この船の役割は他とは違うすごいものです。
しかし人間の夢は尽きませんね。
あつぷ
2006/06/18 10:41
プーさんさん、おはようございます。
かなり、大きな船です。
見上げんばかりの大きさですよ。
確かに全景を見ると、やぐらの大きさに
圧倒されてしまいます。
あつぷ
2006/06/18 10:48
おぎちさん、おはようございます。
役割からすると、まさに!のネーミングです。
昨年に建造された船だそうです。
実物を間近に見たら、唖然としてしまいます。
人類の夢や思いの大きさでしょうね。
あつぷ
2006/06/18 10:50
そんなんで掘ったらチデジンが怒るかもよ。
けいばーど
2006/06/18 11:41
こんばんは。
あ、そっか〜。
地球の不思議を解明していく…
そういう役割をしているんでしたね。
なんだか楽しそう…♪(^^)
なつ猫
2006/06/18 19:43
地球深部探査船って初めて聞きました。
地球の内側を調査・・・ロマンを
感じますね。
アリーヌ
2006/06/18 22:54
こんばんは
深海は知ってましたがこれは初物です。
この船を探査したい…(笑)
taka
2006/06/19 02:17
けいばーどさん、どもです。
チデジン…
怒られたらその時。
けいばーどさん、よろしくです。
あつぷ
2006/06/19 08:11
なつ猫さん、こんにちは。
世界にはいろんな調査をする
機関がありますね。
きっと大変な仕事なんだと思います。
でも、楽しそうですね。
私も少し興味が湧きました。
あつぷ
2006/06/19 14:32
アリーヌさん、こんにちは。
私もこの船を見るまで知りませんでした。
地球の誕生から成長の過程…
スケールが大きすぎて想像できません。
だからこそ、ロマンの世界なんですね。
あつぷ
2006/06/19 14:35
takaさん、こんにちは。
深海の探査よりもさらに地中深く…
って、マントルまで掘るそうです。
マントルって、真っ赤なマグマが
噴出してきそうな気もします。
反対側まで穴が開くのももう時期か…(笑)
この大きな探査船、私も探査してみたいです。
あつぷ
2006/06/19 14:37
あつぷさん、こんばんは。
TVか新聞で排水量が出ていたと思いますが、タンカーと違い「ずんぐりむっくり」てかんじかな。
船から海底のボーリングをする状況が想像できなくて、海底まで鉄骨の櫓を組んでその中にボーリングの長〜〜いパイプを降ろして行って海底を掘っているのですか?
それとも、鉄骨の櫓なしで船を錨で係留させておいて掘るのですか?
長いパイプは途中でねじれることはないのですか?
ひこうちゅうねん
2006/06/19 23:00
船首の上の軒みたいな物はヘリポートですね。
ひこうちゅうねん
2006/06/19 23:02
ひこうちゅうねんさん、おはようございます。
上に高さがあるのでずんぐりむっくりですね。
船上のやぐらから掘削用のドリルをつないで掘り下げるそうです。
半年から1年は留まって作業をするので、GPSやら駆使して正確な位置を維持するそうですよ。
船首の軒みたいなのはヘリポートです。
食料などの調達にヘリが必要だとか…。
あつぷ
2006/06/20 07:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
〜ちきゅう〜 彗星日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる